初心者女性 ゼロから始める投資日記

株も保険も財形も、定期預金すらなしのリテラシーゼロの女性が、健全な自立と将来設計の為にインデックス投資を学び、運用をスタートします。

11.家族とお金の話

ブログの更新が投信の購入タイミングと同じ月1回になってしまってるので、何か他に今月お金について考えたことあったかなあと思い返してみました。
少し話題はズレますが、間接的にお金にも少し関わることがあったので、備忘録として記載しておきます。

今月は結婚記念日がありました。
結婚記念日は、毎年2人が初めて会った場所にいって食事をすることにしており、改めてお互いに対する感謝と、今の関係や生活についてどう思ってるか、将来などについてあれこれ話をしています。

今年のトピックの中で、夫婦で話せてよかったなと思ったのが、物の所有についての価値観です。

Ottoは少し遠いところから東京に来た人間ですが、もともと所有していた家財道具等々がトランクルームにあるけど、今考えるとほとんど必要ないんだよな、というところから話が展開。
今の家にあるものでも、保有していたいものは全然なくって、あえて言えば数台のカメラぐらいかなと。あとPC1台。それもデータはすべてクラウド化してるから要らないといえばいらない。
それがわかったのは大きかった、と。

さて、私は。。。と考えても同じでした。
25万ぐらいしたお気に入りの椅子持ってるけど、今考えるとそれもいつか誰かにあげていいかなと思うし、トランク2つでどこかの国に引っ越しとか可能かも、と。
もともとはそうじゃない人間だったのが、いつのまにかOttoの影響うけたり、断捨離を繰り返したり、あとは年齢的なものもあるのかそう思ってる自分に気づきました。

話はマンションや車の所有についても広がり、そこに興味がまるでないというところを夫婦で共有できました。(というか、そもそも金銭的に能力もないのですが)
それよりも、賃貸だからこそ住める一番住みたい場所に、古くても小さくてもいいから住んで楽しみ、状況によってフレキシブルに変えられるのがいいね、と。
なので、北欧のサマーコテージ、引き継げるけどどう思うかという話にもなりましたが、夫婦で話し合ってやっぱり辞退することに。
何も持たないかわりに、その時々で自由に好きな国、場所に住みたいねと共感しました。
今が大事で今の連続が人生になるから、とにかく今を楽しみたいし、何か持つと本当は大事じゃないのにそっちに引きずられそうで怖いねという話になり。

全くの個人の価値観なので、へんてこ価値観かもですが、夫婦ですり合わせできたのは本当によかったです。

と同時に、もっと軽やかに生きる為には、
●もう少しお互い、時間をかけずに稼ぐ力をつけたほうがいいな
と最初はなりつつ、お酒がすすむにつれ
●いや、それよりもっと毎日をスペシャルに楽しくするために、楽しめる能力の方をあげたほうがよい。
という結論になりました。
お金がなくなったら物価の安いところで貧乏でも楽しく暮らせるように、と。
↑それより努力しろですねw




 

今週末はホワイトデーですね。
最近、仕事が忙しくて休日出勤が多かったり体調を崩したりでなかなかゆっくり夫婦の時間を持てていません。ちょっと、別の部屋でこもりきりが多すぎて、反省。
今週末はホワイトデー週末ってことで、意識して一緒の時間を過ごそうと思っています。

話したいこともたくさんあるなあ。
もう春めいてくる時期なので、温泉旅行やお花見、夏の休暇先なんかゆっくりあーだこーだ言いながら計画を立てる時間をとりたい。
疲れてると部屋も荒れてくるので、そろそろ一緒に掃除&枯れ切ったプランターの手入れ時間もとったほうがいいし。
そして、将来について話をする上で、お金についても話をしてみたいと思っています。

先日、リスク許容度を見なおして一括投資の記事(←前記事参照)を書きましたが、
ポロッと話をした時、ちょっと反対されまして(笑)。
誰にも将来は予測できないというところまでは同じ意見なのですが、どうやら思うところがあるようです。その場はお互い疲れていたので、また改めてゆっくり話そうということになりました。
今は一応私、3ヶ月のトライアル期なので、学習&人の意見を聞いて考える時期ですし、焦らず話を聞こう。

彼のポートフォリオについても話を聞いたことがないので、私の勉強と相互理解のために週末はそんな時間もとってみたいなあと思っております。具体的にどんなETFを買ってるのかも、聞いてみようっと。
彼の見てる世界地図と私の見てる世界地図はきっと違っていて、
必ずしも合わせる必要はないけれど、理解はしておきたい。理解することで、私の見る世界地図も更新されるかもだし。

私からみて、彼は人生を割と自由にデザインして生きていて、きっとそれはお金に関する計画、デザインにも出てるんだろうなあと思うので、その辺の生き方なんかをお金を通じても理解してみようとおもいます。

地震から4年、いろんなことがあったけど縁あってこの地で夫婦でいることに感謝しつつ、
今週末はこんな話ができたらなあと思っています。


 

夫婦間でのお金や投資についての相互理解について、ふれてみたいとおもいます。

投資をスタートするにあたり、インターネットの情報では欲しいものが全然自力発見できなかったため、私の場合、信頼できる友人3人にまず話を聞くことからスタートしました。(過去記事:検索、信頼出来る友人3人+つながり

その時の一人が、実はパートナーである夫です。
やはり、家族である夫の影響というのはきっと、良きにつけ悪しきにつけ少し特別なものであるように思います。

お金の管理をしようと思ってるんだ、投資をしてみようと思うんだという話を確定拠出年金をきっかけに、今回私が始めたわけですが、
これまでは全くお互いのお金に関してほぼ話題にせず、干渉せずでした。
このあたりはきっと個々の家庭ですごく差があるのかもしれません。ちょっとひどい方かもですね。

我が家の場合は、生活費から何から何まで基本は折半で50%ずつを支払う関係で、特にお互いの収入や支出、投資などについて話をすることはありませんでした。というか、お互い知らないまま。

ですが、今回、実は投資をしてみようと思っているんだ、とパートナーに話した時、
『いいと思うよ、実は気になってたんだ、何もしないでいるのはもったいないと実はずっと思っていたんだけど、言うのは遠慮していた』と。
えーっ、そんなこと思われてたんだー(苦笑)ってかんじです。

我が家の場合、結婚前にプレナップの契約を結んでいて、割とお金について お互いはお互いの管理という色が非常に強いというのもあります。

でも、今回のことをきっかけに少しずつ、お金について話すようになってきました。
夫のほうは、保有財産のほとんどを投資に回してるというのも最近初めて知りましたし。

でもなんていうんでしょう、いろいろ相談したいという気持ちもありながら、なんか相談しちゃうとその通りにしなきゃいけないのかとか、家族だからこそ、友人とは違って意見が素直に聞けなかったり独特のかんじがありそうです。まずは知識レベルが違いすぎるっていうのも大きいのですが。

でも、せっかくの機会。良い距離を保ちながら、お互い人生のパートナーとしてお金を通じてもいい関係を作っていきたいなと思っています。





 

↑このページのトップヘ