初心者女性 ゼロから始める投資日記

株も保険も財形も、定期預金すらなしのリテラシーゼロの女性が、健全な自立と将来設計の為にインデックス投資を学び、運用をスタートします。

2.初めてのアセットアロケーション

Twitterやブロガーさんブログで、一括投資VS分割投資の話題がホットでした。
それはそれは私にとってとても大事なトピックで、ガッツリ見させていただきました。
そこで感じたことと今思っていることを記録したいと思います。

株価高が言われる今であったとしても、投資のストック分のお金は分割ではなく即一括投資が正しい。
分割は機会損失が多大であること。また、そもそもリスク許容度に沿ってアセットアロケーションを作成しているわけで、その実現ができないならそのアセットアロケーションや根ざしているリスク許容度が間違っているということ。

私、これまで、全くの勘違いをしておりました。
コツコツという名称から、また投資のきっかけとなった確定拠出年金も定額で毎月ということからか、
勝手に毎月分割投資が正しいと思い込んでいました。ドルコスト的な投資がリスク分散になると。
確かに誰にも言われたわけではないのに、すっかり思い込んでた!

その思い込みの怖さに愕然。ホント、思考停止には気をつけなきゃです。頭よわすぎ。
でも、今回よい機会をいただいたので、たくさん皆さんの記事や関連するサイトを読ませていただき、すっきりしました。私の場合は気休め要素を除いた場合はストック一括投資が正しい。

と同時に、一括投資だと思うと、リスクの体感がリアルになってきて、
あ、今なら自分のリスク許容度が計算できるかも!っと思いました。チャンスチャンス!
リスク許容度が実感できなかったのは、コツコツ少額投資前提だったからかも。
頭をリセットして、全額一括投資で考えてみた時にどれだけのリスクが許容できるか、体感する額で考えてみることにしました。

そうしたら、リスク資産70%っていうのは今の私にとっては高いと気づきました。
今、一括投資をして、1年で1/3失ってもなんとか許容できる額、いやこれは1年の話なのでざっくりだとその半分は無くなっても許容できる額はいくらだろうと考えてみました。
率&体感額で。そしたらなんか答えはみえてきた。

今。この段階の私のリスク許容度から考えると、リスク資産は50%が適切。50%はどう変動しても許容できて、50%分のキャッシュはまずは低リスクで残しておきたいと感じてきました。
まずはスタート時はそれ。で、マックス約66%(2/3)程度が将来リスク資産に回してもいい金額かもしれない。でも、今はその判断はできない(許容度がない)。

なんか、うれしいかんじかも。
リスク許容度が体感できないから、仮のアセットアロケーションで3ヶ月のトライアル投資期間を設定していましたが、一括投資というリアルさで考えると見えてきた。
ちょっと、人よりリスク許容度が相当少なそうではありますが、でもこれが私のリアルなんだろうな。
その額であれば、多少高値づかみになろうが、その後暴落しようが大丈夫かも。

本当に一括投資をするかは、もう少し考えてみようと思いますが、1年や2年の分散は気休めなだけだろうし、相場を読むなんて私にはできない。なんとなく株価を追う振りだけしてみて、結局は短い期間のどこかでストック分は一括投資前提でいき、その後定額積立かなと思っております。
3ヶ月のトライアル定額積立期間も縮小してもいいのかもしれない。

もし何かまた大きな勘違いをしてたり考慮すべきことがあればご指摘いただけるとうれしいです。

 

整理した小項目ステップに沿って、アセットアロケーション計画を立ててみました。

a.生活防衛資金の設定&確保=これは投資に回さない⇒OK♪
b.それ以外のお金を資産配分計画 (アセットアロケーション)の対象とする⇒OK♪

c.自分のリスク許容度:年間最大損失許容額を決める(リスク資産の3割は1年でなくなる可能性)
⇒うーーん。正直、リスク許容度は考えてみてもわからずでした。
これまで無頓着すぎて、全然耐えられるような気もするし、ビビっちゃう気もする。
やっぱりこの辺は、まずは3ヶ月でも自分がお金を投資してみて、お金の動きに対してどう感じるのかを見てみたいな、と思いました。考えても実感がカケラもないのでわからない。
なので1年なら耐えられるってことにして一旦これはスキップ。

d.生活防衛資金以外の投資対象金について、低リスク資産とリスク資産 の2つにわけウエイトを決める ⇒これは、30%:70%に決定。20%でもよいかなと思ったけど、初心者なのでとりあえず迷った時は保守で。

e.リスク資産については、世界市場ポートフォリオを意識して現在の世界の時価総額ウエイトを参考に、自分が描く将来の世界地図+期待から区分とウエイトを仮決めする 
⇒こちらが難しかった。
リスク資産70%の振り分け方をいくつか出してみました。気持ち的には②〜④あたりに惹かれつつ。
①日本株 5%:先進国株45%:新興国株20%
②日本株 5%:先進国株50%:新興国株15%
③日本株10%:先進国株45%:新興国株15%
④日本株10%:先進国株40%:新興国株20%
⑤日本株10%:先進国株50%:新興国株10%

世界地図を描く場合、新興国といってもインドとか中国なのか、ブラジルとかなのかによって期待とか気持ちが変わったりするし、迷いましたが、とりあえず上記の枠で決めました。

f.上記低リスク:リスク資産のウエイトやリスク資産内のウエイトをもとに、リスク・期待リターン・効率的かを数パターン、シュミレーションによって確認してみる

⇒①〜⑤のパターンでシュミレーションしてみました。利用したのはmyINDEX資産配分ツール長期投資予想/アセットアロケーション分析という2つのサイト。数字が違うので両方やってみました。
 myINDEX リターン/ リスク /効率 長期投資予想 リターン/リスク
①myINDEX 7.5/13.8/0.54 長期投資予想 4.64/14.19
②myINDEX 7.6/13.5/0.56 長期投資予想 4.43/13.89
③myINDEX 7.2/13.2/0.54 長期投資予想 4.42/13.54
④myINDEX 7.1/13.5/0.53 長期投資予想 4.63/13.88
⑤myINDEX 7.2/13.0/0.56 長期投資予想 4.21/13.21

g. Goal! 結果、1案を採用し、自分のアセットアロケーションとする。

①〜⑤、シュミレーションしてみたけど、どれがいいかパチっとわかるものなんだろうか。
②〜④になんか惹かれるという感覚から何も変わらず、まったくGoalならず。ちーん。
また明日、考えよう。 おやすみなさい。

書籍:ほったらかし投資術を読んで、5ステップで投資を進めていくことにしています。

最初のステップ、1)家計の財務的状況を把握 は 家計把握のためにやることをリストアップして実行、支出についてはMoneyforwardで3〜5月の3ヶ月チェックすることにして現在登録開始しました。

口座開設も3証券無事にできたので、
そろそろ次のステップ ↓
2)自分のリスク許容度に応じて資産配分計画(アセットアロケーション)を考える
に着手します。まだ、支出の管理なので自分の生活サイズなど把握しきれていませんが、構想だけは早めに練り、トライアルスタートしたいと思っています。

2 )自分のリスク許容度に応じて資産配分計画(アセットアロケーション)を考える。 の実施にあたり、整理した小項目はこちら。↓
a.生活防衛資金の設定&確保=これは投資に回さない
b.それ以外のお金を資産配分計画 (アセットアロケーション)の対象とする
c.自分のリスク許容度:年間最大損失許容額を決める(リスク資産の3割は1年でなくなる可能性)
d.生活防衛資金以外の投資対象金について、低リスク資産とリスク資産 の2つにわけウエイトを決める
e.リスク資産については、世界市場ポートフォリオを意識して現在の世界の時価総額ウエイトを参考に、自分が描く将来の世界地図+期待から区分とウエイトを仮決めする
f.上記低リスク:リスク資産のウエイトやリスク資産内のウエイトをもとに、リスク・期待リターン・効率的かを数パターン、シュミレーションによって確認してみる
g. Goal! 結果、1案を採用し、自分のアセットアロケーションとする。  

↑このページのトップヘ