初心者女性 ゼロから始める投資日記

株も保険も財形も、定期預金すらなしのリテラシーゼロの女性が、健全な自立と将来設計の為にインデックス投資を学び、運用をスタートします。

3.投資商品について

12月の投資分は1月に行いました。
本当はよくないことは承知していますが、いつも月末ギリギリに投資することが多い私、
クリスマスから休暇に入ったのですが、旅行先でログインしてパスワード探してという作業をするのが面倒になり、実施しませんでした。
結果、帰国後の1月に12月分を投資しました。

今回は投資商品を変えました。

これまで
●日本株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイTOPIXインデックスファンド
●先進国株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
●新興国株: eMAXIS新興国株式インデックス    

2016年度から
●日本株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイTOPIXインデックスファンド
●先進国株: たわらノーロード 先進国株式
●新興国株: 野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i 新興国株式)

投資商品の変更は気にして変えたいと思いつつも、なかなかゆっくり時間をとって調べることができていなかったのですが、休日にまとめて時間をとることでやっと追いつきました。それもあって1月になってしまったというのも小さな言い訳です。

最近読めてなかった皆さんのブログも、連休でゆっくりまとめ読みして参考にさせていただきました。

そして購入の際に、トータルリターンの記載ページを見たら、見事な額の含み損が!
まとまったお金を高い時期に一括に近い形でボンボン入れてたのでそうなったようです。

ただ、終わったことはしかたないこととしてスパっと気にせずいられる性格ではあるので
引き続き、忘れて過ごすこととなります。
投資した額以上の損は出ないですので。
ただ、投資の総額は引き続き注意しておきたいと思います。

確定拠出年金の商品登録完了について以前記載しましたが、その後無事に引き落としが終わり
4月から企業型確定拠出年金がスタートしています。こちらは会社経由なので当分は放置。

個人管理分では、NISA口座は開設完了はしたものの、その後そのままになっています。
ですが、予定の3ヶ月投資トライアル期間が終わったので、当初予定どおりNISA口座も活用する予定です。

現在のリスク資産について、自社持ち株以外で購入しているのは以下の商品になります。
●日本株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイTOPIXインデックスファンド
●先進国株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
●新興国株: eMAXIS新興国株式インデックス  
ウエイトは当初、5%:50%:15% で設定しており、こちらも特に変更せず行く予定です。
(全部足すと70%になるのは当初リスク資産ウエイトを70%にしていた名残なのですが、現在は当初から変更し50%にしました)→参照:一括vs分割投資とリスク許容度

確定拠出年金とNISA口座は、上記アセットクラスのうち、最もウエイトの高い先進国株の購入に当てます。
確定拠出年金:野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI 
NISA口座:特定口座同様〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド 
を購入し、この両口座で購入する先進国株分は通常の特定口座先進国株分から同額減らすようにします。

3つの口座での商品とウエイトをこんなふうに考えて、投資を実施していきます。

ブロガーの皆さんからの情報で知りました。
<購入・換金手数料なし>ニッセイ TOPIXインデックスファンド
4月末から信託報酬0.29% という最安コストで発売されるとのこと。

現在積み立て始めているのは 日本株式インデックスeですが、そちらは信託報酬0.37%ですので大きく違います。
 少し でもお安い信託報酬の方がありがたい。現在、先進国株については、〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド を買わせてもらっていますが、同じシリーズということで安心感があります。

マザーファンドがしっかりあって、シリーズブランドの信頼もありますので来月からはこちらを購入商品にし、長期で積み立てていきたいと思っています。 

NISA口座開設の依頼をしていた記憶自体、薄れてきつつあった今日このごろでしたが、本日NISA口座開設完了のメールが届いてることに気づきました。
きっと、時間がすごくかかったのは、住民票を自分で取らずに証券会社さんに取得代行をお願いしてたからかと思います。こういうサービスがあるのはとてもありがたいことです。

せっかく開設したNISA口座、さてどうしましょうか。

NISAは5年間という限られた期限での非課税制度で、メリットばかりではなく、またリバランスも難しいとのこと。NISAを使った投資では、利益が出れば普通の投資より多くの利益が出るけど損失が出る税金を通常より多く支払う可能性があるようです。

でもせっかく始めた投資で、ありがたい非課税制度なんだから、ぜひ使ってみたいな、と思っています。 
通常の特定口座で積み立て始めているファンドは以下のインデックスファンドです。 
●日本株: 日本株式インデックスe
●先進国株: 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
●新興国株: eMAXIS新興国株式インデックス 
プラス、まだ口座開設の関係上購入できていませんが、個人向け国債変動10年をポートフォリオに入れております。
 
このうち、最もウエイト高く積み立てている
〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンドをNISA口座で購入しようかなと思っています。


インデックス投資をしてる皆さんから、給与をもらっている会社における持ち株はリスク分散の視点で絶対におすすめしないと教えていただき、うちのパートナーもそう言っていたのですが、
今回お金について意識して学ぶ過程で、自己判断でいまさらながらの自社持ち株をスタートすることにしました。

私のリスク資産配分70%は、日本株5%、先進国株50%、新興国株15%で構成していたのですが、持ち株実施により、日本株ウエイト(しかもリスク高)が少々入ることになります。
そのかわり、リスク資産配分を50%まで低下させることにしました。

先行きの相場なんて誰にも予測できないんだから、とインデックス投資家の皆さんに怒られそうですが、自分で考えて判断しました。
自社株はかなり高値に行ってて、全然いいタイミングではないのですが、今からでもまだ会社の成長余力があると見込みました。
日本単独株なぜかデビューです。とはいえ、海外売上構成比の方が高い会社なのでアジア株といったほうがよいのかな。

パートナーからはやるならマックスやって、会社の補助金1割も見込みつつ、できるだけ短期間で売れるようにしなさいと言われ、なので、通常のインデックス投信と異なりバイ&ホールドではない投資です。(でも基本はバイ&ホールドするつもり)

これにより、少しは仕事に対して意識が変わったりするのかしら。仕事が楽しくなったり、よいふうに意識がいくといいな、と思います。



 

↑このページのトップヘ