初心者女性 ゼロから始める投資日記

株も保険も財形も、定期預金すらなしのリテラシーゼロの女性が、健全な自立と将来設計の為にインデックス投資を学び、運用をスタートします。

0.お金の管理を始めるまで

お金について無頓着もいいとこだったもともとの自分が、ひょんなきっかけから投資をスタートしました。きっかけから1ヶ月の投資スタートということで少し前のめり気味ではありますが、スピードスタートの前提は最初の3ヶ月をトライアル期間に設定したということにあります。

投資を始めるにあたり、友人からのアドバイスをたくさんもらったのですが、
そのうちの1人がおすすめしてくれたのが、このトライアル期間を設定すること。

その友人は同じ会社であることもあり自分の普通預金残高なども共有した上で具体的に相談してたのですが、とても参考になるアドバイスをもらったものの、私がどれだけお金の動きに対して反応するのかが想定できないから 具体的金額などはアドバイスが難しいとのこと。まずは3ヶ月やってみることを薦められました。

3ヶ月一定金額でやってみて、どのぐらい金額の上下に対して私が反応し気にするのか、嫌だと思うのか。どのくらいの手間や時間を気にする時間含めてとられるのか。
まずはやってみましょうとのことでした。3ヶ月のその絶対額なら、それでやめても大きな問題はないからその範囲で。

基本は、書籍:ほったらかし投資術を読んで、5ステップで投資を進めていくことにし、STEPに沿って考えていったのですが、その際に難しかったことは自分のリスク許容度が全くわからないということ。(参考:初のアセットアロケーション実践
ここだけはとてもパーソナルな問題で、他の方に相談しても答えが出るものではありません。
3ヶ月のトライアル期間をとる価値はここにもあるなあ、と思い友人のアドバイスの有用さに改めて納得しました。

もちろん、私の場合は3ヶ月経ってもあまり状況が変わらないということも大いに考えられるかもですが・・・でも設定しないよりきっとマシだろうという期待をこめて。笑

2月末から投資をはじめたということで、2、3、4月と3ヶ月定額実施し、ちょうどGWぐらいのタイミングで振り返りをする予定です。

もうひとつの引っかかってるポイントが、以前記事にしたインデックス投信と海外ETF問題
うちの場合、Otto(夫)が強く薦めてくれてるのがVanguardのETF。家族の意見はやっぱり影響大きく、まだ気になっております。初心者にはインデックス投信と一旦結論を出して3ヶ月のトライアル期間スタートしますが、その間でもっとちゃんと理解して納得していきたいと思っています。
今は、Ottoの意見をちょっと無視して「私は初心者なんだから難しいことはわからないし、説明もできない。私のお金なんだから、もう決めたの!」的によくないかんじになってるので、3ヶ月の間で理解して歩み寄っていきたいと思っています。
 

ポチリ、と2月の最後に投資信託というものをスタートしました。←前記事

きっかけは会社の確定拠出年金の説明会からで、そこからちょうど約1ヶ月であれよあれよと縁に導かれ、普通預金100%OLが一転、投資信託購入に至りました。
きっかけとなった会社の確定拠出年金は、実際のスタートは4月からということなので、個人の投資が先行したかたちです。
確定拠出年金というきっかけから、もっと大きな全体像:健全な自立と将来設計の必要性について気づき、スタートしたかんじ。

仕事も少しバタバタしてたのにもかかわらず、お金の管理に関してすべてが起こった 2015年2月でした。
なんだか不思議。でも、なんだかすっきり。

遅すぎるスタートかもしれませんが、&もしかしたら株価高でスタートするにはタイミングが良くないのかもしれませんが、投資はすべて未来に向けてのもの。
ポジティブに捉えていきたいと思っています。

この1ヶ月、投資に関して読んだ本は1冊のみ。(ほったらかしの投資術)
その他はすべて縁あった方からのアドバイスやTwitterの親切な方々からの情報でした。
というか、読んだ本1冊すら、友人が貸してくれたもの&Twitter始めたほうがいいよというのも参加した会でのアドバイスでした。
縁から一気に1ヶ月でスピード投信デビューまで行ったこと、この場をお借りして深く、御礼申し上げます。投資そのもののみならず、人生を考えるいいきっかけになりました。

今後は3ヶ月のトライアル期間で自分の様子を見つつ、GWぐらいに見なおして正式な投資方針を決める予定。その間、おすすめのサイトや本などで、まったく足りない知識とマインドを整えていきたいと思います。

ちょうど1ヶ月経って、今日から3月1日ということで御礼も兼ねて書いてみました。
また、読んだ本もまだ1冊ですので、おすすめのサイトや本など、アドバイスあれば教えていただけると幸いです。


 

時間はかかりましたが、続々と証券会社さんから口座開設完了の案内が。
ありがとうございます。
時間が必要以上にかかったのは、なかなか本人限定受取郵便が受け取れなかった自分原因です。

そして、SBI、楽天、マネックスともにログイン祭り〜♪ なんだかうれしい。
銀行口座と違って、いろんな登録事項やアンケートがあるのに驚きました。
わからない用語もたくさんでてくるし、戸惑いつつも、とりあえずログイン&登録完了!
銀行と証券のマネーブリッジも登録申請終了しました。
祝!口座開設!!

同時に、ずっと放置していた銀行口座もログイン。2008年から開設以来、何もしてない口座があり、国税・地方税・利息のみの記載でしたが生きてました。Nice to see you again,私のお金♪
これで銀行口座の残高確認、完了です。

投資までまだ先はあるけど、お金の管理一歩一歩すすんでおります。  

とりあえず口座開設に時間もかかるだろうから、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社の口座開設はネットで申込みをしておき、口座開設までの間はベーシックな知識をつけようと、
自分で資料請求した投資信託ガイドと友人が貸してくれたほったらかし投資術の本を読みました。

投信信託ガイドでベーシックな知識をふむふむと理解させていていただき、
ほったらかし投資術を通じて、自分が今後やるべきことが明確に。ありがとうございます。

今後、健全なお金の管理と運用のためにやること。
1)家計の財務的状況を把握
2)自分のリスク許容度に応じて資産配分計画(アセットアロケーション)を考える
3)個々のアセットクラスにどの運用商品を充てるのがいいか選択
4)どの購入窓口での購入が良いか考え投資
5)運用内容のメンテナンス

とりあえず、確定拠出年金は最大額で取り急ぎ登録は先行し、3社の口座開設申込はしましたが、
まだお金は1円も動かしておらずです。
今後は上記5ステップに沿ってやっていこうと決めました。

これと並行しつつ、ちょいちょい友人ベースや、友人ベースからのブログ、推薦本、サイトなどでゆる〜く学びつつ。基本は信頼できる人脈からの指針をもとに、というのは根っこで変えずに行こうと思います。 

口座開設の依頼はしつつも、実際にどの口座を使うのか決めていかなきゃです。
NISAについては1つの口座でしか開設できないということなので、初心者の管理面では本当は1つの口座が望ましい。いただいたアドバイスで本命はSBI証券に決定!NISA申込も遅れて実施しました。

どこの口座にしようかと引っかかってた理由は、インデックス型の投資をする際にインデックス投資信託と海外ETFのどちらが良いのか、ということ。主要なインデックス投信は3大ネット証券なら十分買える&海外ETFの扱い(特定口座や売買手数料)には口座によって差があるようだと初心者なりに理解しました。

友人たちのアドバイスは大まかには同一だったのですが、詳細はちょっとだけ違っていました。
うちのパートナーの場合、オススメするのは例えばこんな商品ね、とメールしてくれたのは
Vanguard S&P 500 ETF, VOO / Vanguard FTSE Emerging Markets, VWO ・・・など ETFと書いてあるものばかりで、どうやらそれは投資信託とは違うらしい。なぜそれがオススメなの?と聞いたら、長期で保有する場合毎年かかる信託報酬は安いほうがよく、それはとにかく重要だと。 
いや、なんだか面倒そうなのよ、ETFは。どうやら初心者向きじゃないみたい。と言ったものの、
いや、本当に毎年かかる費用は安いほうがいいんだよ。と親身に言われると、無言・・・www
家族のアドバイスはスパッとは切れません。
なるべくシンプルな構成にしたいから、ETFならETFで構成したいし、揺れるなあ。。。

そこで、その辺の話も友人に紹介してくださった会でお伺いしました。
アドバイスの結論は、日本で買えるETFの商品は海外口座で購入している人とは違って商品が限られていたり、再投資のシステムが違ったり、実質の手数料が日本ではまだ高かったりする。なので、実質の手数料比較でいくと、インデックス投信の手数料が近年安くなってることもあってあまり変わらない。
つまり、インデックス投信の方がオススメというかんじでした。←何か誤解してたらすみません。
ありがたいアドバイスです。(家に帰ってうまく説明するのは私の力では無理でしたがww)

よし!決めた!! と インデックス投信でスタートすることに決めたものの、
【低コストなETFを運用】米バンガード社の米国籍ETFを50銘柄追加しました!
と、登録したての証券会社メルマガでお待たせしました!的に送られてくるとちょっと再度気になる。。。

すっぱり判断できないのは理解が足りないから。
まだ口座も開けてない状態だし、本命はインデックス投信と仮決めしつつ、先にもっと大事なところに手をつけつつ勉強していこうっと。

 

↑このページのトップヘ