初心者女性 ゼロから始める投資日記

株も保険も財形も、定期預金すらなしのリテラシーゼロの女性が、健全な自立と将来設計の為にインデックス投資を学び、運用をスタートします。

13.書籍やセミナー

この記事を書くの忘れてました。今さらになりますが、自分のための記録としても残したいので記載。

私が投資を始めたのはこのコツコツ六本木がひとつの大きなスタートになっています。

こんなきっかけで重〜い腰をあげ、(→参考記事:きっかけ) 
すぐに行動し、(→参考記事:検索、信頼できる友人3人+つながり) 
アドバイスをもらったのですが、(→参考記事:友人からのアドバイス

これらの記事に書いてある『他の会』というのが実はコツコツ六本木なのです。
ご紹介いただいて1人で参加したのですが、当時の記事に書いたように超初心者の私を軽蔑することなく、すごく親切に相手にしてくれました。 

その時の親切にしてくださった方というのが、竹川さんはじめ、Kenzさん安房さんリバモさんバカオヤヂさんエルさんで。(名刺をいただかなかった方で他にもいらした)
そして次の日にTwitter開設してインデックス投資の道に入って行きました。

すべては2月から始まったのですが、今回はそこからちょうど半年経った会。
その月のうちに投資も始めちゃったので投資からも半年。
もう半年かぁとちょっぴり感慨にふけってみたり。

会場に着くと既に、この会を紹介してくれた亜門さんやツイッタラーの方々が複数名いらしており、楽しく挨拶などしながら歓談。

会の方は、初心者の女性も多くいらしてて、てっきり半年前の私みたいな感じかなと思って話しかけたりしてたのですが、ところがところが。
私なんかよりも勉強のレベルが違って、モーニングスターのページにはこう書いてあるけど、とか本格的にはやってないけど既にインデックス投資ではない何かをお持ちだったりとかの方が多く、私では用語含めて会話が難しく、すべて先輩投資家ツイッタラーにつなげるという役割のみでした。

結局半年経ったけど、会話に参加するのは全くもって難しかったという話。トホホ。

ただひとつ言えたのは、そんなに難しいこと勉強してなくてもインデックス投資はスタートしてる自分のようなひともいるよ、ということでした。

かと言って、家に帰って反省してモーニングスターのページを確認することもなくお酒飲んでて向学心のない私なのでした。

 

すっかり記事にするのが遅くなりました。
今月はインデックス投資ナイトに引き続き インデックス投資家武蔵小杉会(通称ムサコ会)に参加してきました。
インデックス投資ナイトでわからなかった点なども質問してもいいですよと、親切なおぱるさんにお誘いいただいてのありがたい企画。

参加者は、Kenzさん インデックス投資日記@川崎、おぱるさん インデックス投資女子 Around40 Happy Life、ゆうきさん ホンネの資産運用セミナー といったインデックス投資ナイトの主催や登壇をされてた豪華メンバー、そして先輩投資家バカオヤヂさん、インデックス投資ナイトで出会った素敵女子モニベルさん人生もお金も海外分散する話

話題はインデックス投資ナイトの感想や質問、それぞれのアセットアロケーションから、絶対投資してはいけない商品についてのアドバイス、海外ETF、あとはモニベルさんがグローバルな方だったので自分では想定がつかない為替系の質問とかをされてて、ほーほーと聞いておりました。(系とか使ってる時点でちゃんと理解できてなかった証拠w)

男性陣は知識満載で小さな質問にも丁寧に答えて下さり、女性陣は投資のみならずなんだか生き方が素敵だわと思う方々で、とても楽しい時間を過ごせました。
初心者でも会話しやすい場作りにも感心しました。時間を忘れていろんな話をした気がします。
そして帰るときは、スッキリ!でした。

今年の2月に確定拠出年金がきっかけで友達に話を聞いてからがスタートで、半年もしないうちにこうやって皆さんと新しい繋がりで勉強させていただいてて、感慨深い。優しい繋がりに感謝です。


ホンネの資産運用セミナー(インデックス投資ブログ)


 

インデックス投資をされている方々やご興味のある方が全国から一同に集まるお祭り的イベント、インデックス投資ナイト@お台場に参加してまいりました。

チケットは取るのが大変!と聞いており、当日バタバタしててファミマに行くことも結局諦めたのですが、思い直して直前にイープラスの会員登録をギリギリにスタートし、そのままチケット購入ボタンを押したらたまたま登録のタイミングがよかったのか、購入できちゃいました。

チケットは2枚。一緒に行こうかなと思ってた人は
やっぱりそういう専門的&コアっぽいイベントはちょっと。。。的になり、
私も、行きたいのにチケット取れなかった方がたくさんいらしたのを知ってた為、1枚は縁ある方にお譲りすることにしました。 とよぴ〜さん、その節はありがとうございました。

結果としては、本当に参加させてもらって良かったです。
その理由をいくつか。

①初心者でもOKな空気があった。

正直、最初会場についた時は、男性の多さと今まで出会ったことがないような雰囲気にどうしようかと思ったのが事実。でも、1度も面識がなかったおぱるさんがガラス越しから見つけ出してくれて手を振ってくれて、あーーーこういう人もいるんだ、と安心。
という意味で、第一部のブロガー対談で、身近な感覚の女性が出ていたことはとても 安心できました。
私もいていいんだ、と。おぱるさんのお気遣いに心から感謝です。

②ソーシャルなイベントなので、イベント中だけで消化できなかったことも後で消化できる

内容のレベルは私みたいな初心者から投資数十年のベテランまでいらっしゃり、きっと人によって認識はそれぞれ。私の場合、グロース、バリュー、ボラティリティ、標準偏差、とか感覚的にパッとわからない用語がどんどん、しかも数字と一緒に出てくると思考停止状態にw
なので、またもや場違い感満載。2次会でも、一気に力説されると全く理解がついていかずでした。
でも、ソーシャルなイベントの場合、そこでわからなくても皆さんのブログで後で見直して調べたり、ゆっくり読めばそういうこと言ってたのね!と意味がわかったり、と いうことがあり、やっぱり行ってよかったなあと思っています。大丈夫ですか?と声をかけてくださる優しい方もいらしたり、後日フォローいただいたりもしました。
チケット取れなかった人もいる中来たんだから!という希少感や、ボランティアでやってくださってるという手作りイベント感も、せっかくの機会を無駄にしてはいけない意識を高めたかもしれません。

③Twitter上での皆さんとリアルにご挨拶できた

Kenzさんや安房さん、リバモさんは以前Twitter始める前に私のリアル名刺にて面識あったのですが、殆どの方は今回が初対面。インデックス投資家のたくさんの方とご挨拶させていただきました。
初めて自分のことFloraです、とかいうのに思いっきり内心照れつつ。(勢いでアカウント作った時に作った名前なので、まさかその名前で挨拶をする日が来るとは。。。) 

ゆっくりお話できた方はほんの一部ですが、ご挨拶させていただけたことで、リアル感が増し、安心できました。 
また、Kenzさんのおかげでカン・チュンドさんともお話でき、モチベーション上がりました。
あ、一番嬉しかったのは、Kenzさんから、Floraさんはきっと続くと思いますよ、と言われたことかな。 
2次会後、おぱるさんとお茶しよっかと話してた流れから、3次会も楽しませていただきました。 

内容面ではまだ継続復習中ですが、
・夫婦単位での家計位置づけ (へええ、そう考えられるってすごい。離婚のリスク低いんだなあ)
・INDEX指標はたくさん種類があり、バリュー、グロースや大型や小型などの視点で細分化されたINDEXがあり、より自分に必要なものを選ぶこともできる(へえええ、すごいなあ。こだわる人にはよさそう)
・NISAのトレード的使い方 (これは納得だなあ)
・海外ETF:VT  (いつか海外ETFに目をむけようかなあ)
などが自分には引っかかりました。が、総じて思ったのは、

自分の性格からいった時には、投資は方向性さえ合ってればホント、だいたいでいいなあということ。
完璧に近いものになるように工夫したり、人よりも少しでもリターンを求めたいって今時点は思わないので、多少商品が違おうが、方向性さえ合っていればまあいっかと。
自分は貪欲タイプor完璧タイプでは決してないと改めて認識できました。でも知っておくのは大事。

とりあえず口座開設に時間もかかるだろうから、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社の口座開設はネットで申込みをしておき、口座開設までの間はベーシックな知識をつけようと、
自分で資料請求した投資信託ガイドと友人が貸してくれたほったらかし投資術の本を読みました。

投信信託ガイドでベーシックな知識をふむふむと理解させていていただき、
ほったらかし投資術を通じて、自分が今後やるべきことが明確に。ありがとうございます。

今後、健全なお金の管理と運用のためにやること。
1)家計の財務的状況を把握
2)自分のリスク許容度に応じて資産配分計画(アセットアロケーション)を考える
3)個々のアセットクラスにどの運用商品を充てるのがいいか選択
4)どの購入窓口での購入が良いか考え投資
5)運用内容のメンテナンス

とりあえず、確定拠出年金は最大額で取り急ぎ登録は先行し、3社の口座開設申込はしましたが、
まだお金は1円も動かしておらずです。
今後は上記5ステップに沿ってやっていこうと決めました。

これと並行しつつ、ちょいちょい友人ベースや、友人ベースからのブログ、推薦本、サイトなどでゆる〜く学びつつ。基本は信頼できる人脈からの指針をもとに、というのは根っこで変えずに行こうと思います。 

↑このページのトップヘ